FC2ブログ

懐古の客[藤子・F・不二雄]

今回は藤子F氏の短編作品の紹介。

懐古の客

新人漫画家の太見のボロアパートに、ある日未来から旅行に来たと言うヨドバが居付いてしまう。
ヨドバは原始的な現代の生活にいちいち感動するが、旅行前に予防接種を受けなかったために、現代の様々な病気に掛かってしまう。
一ヶ月の入院後、旅行会社が決めた集合時間はとっくに過ぎており、未来に帰れなくなったヨドバ
彼はこれからどうするか途方に暮れるのであった。

ヨドバ氏シリーズの一つ。
実際に一番最初に発表されたのタイムカメラだと思うが、時系列はこれが最初。
この後、ヨドバは自身が持っていた未来のカメラを使って色々と騒動を起こすことになる。

彼の持っているカメラはドラえもんの道具に近いものが多いが、それは追々話していくつもりである。



忍者AdMax広告




<目次>

スポンサーサイト



鍵十字[東京魔人學園]

今日の東京魔人學園剣風帖のプレイ日記。

次は何処だ?
大田区か?

さて、今度は鬼道衆ではない連中に狙われる美里
タロットカードかなんか使って、目標を探す謎の集団。
英語を使っているが、雰囲気はドイツ。
こんな事を言っていいのか、どう見てもナチスの残党である。

そんな彼等が美里と、たまたま一緒にいた担任のマリアを拉致する。
これまたたまたまそれを見かけた杏子

申し訳ないが、レベル上げに時間を使ってしまったため、今回はこれだけである。



忍者AdMax広告




<目次>

醍醐[東京魔人學園]

今日の東京魔人學園剣風帖のプレイ日記。

なんとく世田谷区の名前が出たが、特にそこでの戦闘にはならなかった。

獣に変身して佐久間を殺してしまったショックからか、醍醐は姿を消してしまった。
小蒔も暫く学校を休んでいたが、なんとか登校。
小蒔から事情を聞いた緋勇達は醍醐を探すことにした。

で、骨董屋の如月によると、醍醐は四神の一柱白虎の化身らしい。
故に鬼道衆に狙われているとか。

そんなこんなで龍山の元に醍醐がいるのではないかとあたりをつけた緋勇達だったが、そこに鬼道衆岩角が行く手を阻む。
で、小蒔だけ龍山の所へ行かせた。
あっという間に龍山の家に着く小蒔
前回は数時間かかったような描写だったが、小蒔が本気を出せば一瞬で着くのだろうか?

そこに醍醐はいたが数日間意識がないと語る龍山
更に炎角も現れ、結構なピンチに。
すると小蒔のキスで醍醐は目覚めた。
まあ、安直だな。

こうなるともう楽勝で、炎角を倒し、小蒔醍醐緋勇達と合流し岩角も倒した。

さて、次は誰と誰がくっつくかな?



忍者AdMax広告




<目次>

鉄人をひろったよ[藤子・F・不二雄]

今回は藤子F氏の短編作品の紹介。

鉄人をひろったよ

主人公の老人はある日ボロボロになった男に出会う。
男は良く解らない事を言って、老人にリモコンのような物を託した。
その男は老人が助けを探している間に消えてしまった。
訳も解らずリモコンのスイッチを押してみると、巨大なロボットがやってきた。
で、そのロボットは老人についてくる。
老人は妻と相談するが、特にロボットの使い道はなく、このまま置いておくと口うるさい隣人に何を言われるか解らないと愚痴をこぼした。
するとロボットは隣の家に攻撃をしようとした。
慌てて止める老人。
ロボットを危険なものと判断した老人は、少し惜しいと思いつつもリモコン共々ロボットを海の底に沈めるのであった。
ちなみにこのロボットは一国(おそらく日本)が命運をかけて開発し、三国(おそらくアメリカ、ロシアとか)が奪い合っていた物だったらしい。

というストーリーの短編である。
巨大なロボットを手に入れても、住宅事情等で所持できないとかいうところが妙にリアリティがある。
今の世の中、巨大なロボットは必要ないということだろうか。
それにしても、主人公は警察とかに相談しようとは思わなかったのだろうか。

もしかしたらこれがのび太と鉄人兵団の下地になっているのだろうか。



忍者AdMax広告




<目次>

佐久間[東京魔人學園]

今日の東京魔人學園剣風帖のプレイ日記。

特に荒川区では戦闘がなかったが、醍醐の師匠龍山の家からの帰りに事件は起きた。
部活の仲間と打ち上げに行くと言って別れた小蒔佐久間に攫われてしまったのだ。
佐久間は一番最初に緋勇に絡んできた不良だが、その事はここで説明しただろうか?
気にせずに行く。

小蒔を攫った事をを一人になった醍醐佐久間の下っ端が告げた。
単独で指定された学校の体育館裏に向かう醍醐
そこには人質に取られた小蒔にナイフを向ける佐久間がいた。
怒る醍醐
すると醍醐が獣のような姿になった。
慌ててビビる佐久間
折角の人質を有効に使えていない。

すると鬼道衆からの声を受けてか、佐久間は化け物へと変化した。
で、醍醐と戦闘になる。
まあ、余裕で蹴散らす醍醐
こうして佐久間の命を奪ってしまった醍醐は、雨の中で泣くのであった。

もう少し佐久間は引っ張っても良かったんじゃないだろうか。



忍者AdMax広告




<目次>

カウンター
プロフィール

ダイソード

Author:ダイソード
モッピーの道へようこそ!
ここでは、とある男のモッピーでの活動を日記形式で紹介していましたが、現在はゲームのプレイ日記がメインになっています。

ポイントサイト
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

げん玉
アフィリエイトサイト
忍者AdMax
ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者AdMax
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR