英雄伝説[英雄伝説]

今日から新しいゲームドラゴンスレイヤー 英雄伝説のプレイ日記をお届けする。

スーパーファミコンのソフトだが、元々はPCのゲームだったらしい。
ザナドゥと同じシリーズと言えば、解る人は解るだろう。
で、現在にも続いている英雄伝説シリーズの最初のソフトとなる。

と言うわけでゲームスタート。
まずはプロローグが文章で説明される。

舞台はイセルハーサという世界。
そこにあるファーレーン王国の首都ルディアがいきなりモンスターに襲われた。
兵士達はなんとかそれを退けたが、その混乱の中で国王のアスエルが殺害されてしまった。
王位を継承できる王子のセリオスは若干6歳。
彼が成人するまで、アクダムという男が摂政を務めることになった。
それから10年。
王位継承まであと2ヶ月となったところで、セリオスが暮らすエルアスタの町が突如モンスターに襲われる。
彼の養育係のライアスが身体を張ってセリオスを逃がしたところから本格的に物語が始まる。

と言うわけで、逃げる際に王家の剣王家の鎧王家の盾を貰ったセリオスは、その圧倒的な性能でモンスターを蹴散らし、首都のルディアに辿り着いた。
で、アクダムに会うと、案の定全てコイツの仕業だった。
10年前も今回も、アクダムがモンスターを操り、国王とセリオスを亡き者にしようとしていたのだ。
そして国を乗っ取ろうとしていたらしい。

で、身ぐるみをはがされ、牢屋にぶち込まれるセリオス
暫くするとリュナンという男が助けにきてくれた。
どうやらルディアには反アクダム派がレジスタンスを組んでいるようだ。
そのメンバーラウェルにレジスタンスのリーダーアロンに会えと言われる。
と言うことでアロンがいるクルスの村リュナンと共に向かう。

このアロンライアスの兄のようでそっくりだ。
そのアロンに戦力増強の為、ベルガ鉱山で強制労働させられている反アクダム派の救出が提案される。
が、リュナン曰く、レベルが低いとのことで暫しレベル上げとなった。

と、内容はファンタジーの王道を行っている感じである。
が、やや操作性が悪い。
移動速度が速いのは良いのだが、人と当たっただけで会話になってしまう。
呪文も使いづらい。

レトロゲームだから仕方ないのかな。



忍者AdMax広告




<目次>

スポンサーサイト

蘇る世界樹[DQH]

かなり久々のDQHの記事。

枯れようとしている世界樹を救う為、世界樹にある祭壇へ向かうアクト達。
途中、またピサロが助っ人に来てくれて、問題なく祭壇へ辿り着く。
が、当然そこにはヘルムードが待っていた。
で、ヘルムードヘルバトラーを呼び出し、アクト達にけしかけてくる。

このヘルバトラー、かなり強い。
範囲攻撃が多く、その一撃が重いのも厄介なのだが、頻繁に魔扉を作り出して、モンスターを無尽蔵に召喚する。
この為、バトルが長期化し、どんどん疲弊してしまう。
何度も世界樹の葉のお世話になり、なんとか撃破。
そしてヘルムードの隙を突き、祭壇に聖なるしずくを振りかけた。

これにより世界樹は復活。
闇竜の復活は阻止できたかと思えたが、ヘルムード世界樹の力が弱った隙に、既に闇竜を復活させていたらしい。
ヘルムードは、後は目覚めさせるだけと言って、次元島へと去って行った。

さて、次に更新できるのはいつかな。


忍者AdMax広告





<目次>

完結[ロマサガ3]

最後のロマンシングサ・ガ3プレイ日記。

ラスボスの破壊するものに挑むユリアン達。
しかし、無策で突っ込んだら敢え無く散った。
と言うことで、少し戻って対策を練る。

と言っても、装備を整えただけだが。

で、また黄京からやりなおして四魔貴族を倒し、最後のエリアに辿り着く。
そこではサラアビスゲートのような物の上に囚われていた。
サラユリアン達が来たことに喜んでいたが、なんで来たのかと叱責する。
自分がここでアビスの力を抑えれば良いのに、と。
そんなことで納得出来ないユリアン
アビスの力が具現化した(?)破壊するものとの決戦である。

破壊するものの一回一回の攻撃はそうでもないのだが、これが連続で来るのがキツイ。
ある一定のダメージを与えると、少し自身を変態させ、更なる攻撃を仕掛けてくる。
ちなみにロマサガ3は回復がしづらい。
それでもなんとか踏ん張りとうとう破壊するものを倒した。
実に20数年の雪辱を果たした気分である。

で、元の世界に戻ったユリアンモニカの兄のミカエルに男爵の爵位を貰い、モニカと一緒になったと思われる。

と言うわけで終わったロマンシング サ・ガ3
普通に進めていけば途中詰まることはないが、ラスボスがとにかく強い。
これが以前クリアを断念した理由である。

が、今は攻略サイトがある。
これを見ながら有効な戦略を組み、なんとか倒した。
本当は全キャラでエンディングを見たいが、それは諦めるとする。

さて、次もレトロゲームかな。



忍者AdMax広告




<目次>

アビス突入[ロマサガ3]

今回のロマンシングサ・ガ3プレイ日記。

いよいよ最終局面である。

以前、砂漠に迷い込んだ時に世話になった玄城に行く。
ここにいたバイメイニャンに相談すると、どうやら黄京というところにアビスゲートがあるらしい。
で、玄城の将軍ヤンファンに話を聞きに行くと、黄京にいる帝ツァオガオアビスの力に魅入られていることが解った。
ということで黄京に突入。

BGMが変わり、道を塞ぐモンスター達を薙ぎ払い、あっさりとツァオガオを追い詰める。
ここでツァオガオアビスナーガというモンスターを呼び出しけしかけてくるが、これも打ち倒す。
そして最後のアビスゲートに辿り着いた。
少年の力でアビスに突入する。

ここでは四魔貴族の本体が待っていた。
今まで倒してきたのは、どうやら影だったようだ。
本体は人型に近い。
流石に影よりは強いが、こちらもかなり鍛えた。
それほど苦労せず撃破。

さあ、残すはラスボスだけだ。



忍者AdMax広告




<目次>

竜槍スマウグ[ロマサガ3]

今回のロマンシングサ・ガ3プレイ日記。

取り敢えずアスラを狩り続けて、欲しい技は大体手に入ったと思う。
それぞれの武器レベルも40を超えた。
それではアビスへ、と思ったが、ここでレアなアイテムを取りに行く。

竜槍スマウグ

ドラゴンルーラーというモンスターが稀に落とす武器らしい。
私のパーティーに槍使いはいないが、一応取りにいく。

ドラゴンルーラーは何種類かいて、私は一番弱い白いドラゴンルーラーを相手にする。
ちなみコイツは氷銀河にいる。

粘ること戦闘回数35回。
目的の竜槍スマウグを落とした。
100回は覚悟していたので、割とあっさりだった。

さて、アビスに行くとするか。



忍者AdMax広告




<目次>

カウンター
プロフィール

ダイソード

Author:ダイソード
モッピーの道へようこそ!
ここでは、とある男のモッピーでの活動を日記形式で紹介していましたが、現在はゲームのプレイ日記がメインになっています。

ポイントサイト
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

げん玉
アフィリエイトサイト
忍者AdMax
ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者AdMax
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR