もう少し休む[FF10-2]

タイトルのとおり、もう少しFF10-2は休む。

先日、PSVを開けてみた。
思ったよりも簡単な構造で助かった。
で、やはりまだ水分が残っていたので拭き取って乾かす。
すると電源が入るようになった。
ここで歓喜した私だが、すぐに落胆することとなる。

キーが利かないのだ。
電源ボタンも含めて、もうまるで駄目である。
(スティックは問題ない)
もう一度開けて、端子部分を洗浄してみたが、まるで好転しない。
どうやら基盤が駄目になったようだ。

取り敢えず画面タッチは利くので、データのバックアップだけは行った。
もう新しいのを買うしかないだろう。

Switchを買った直後なので、懐が寂しく暫く買えないが……。



忍者AdMax広告




<目次>

スポンサーサイト

暫く休む[FF10-2]

タイトルのとおり、暫くFF10-2は休む。

クリア直前に何言ってんだという感じですが、抜き差しならぬ状況になってしまった。
そう、PSVが壊れてしまったのだ!
原因は本体にお茶を零して濡らしてしまったこと。
電源が入らない。
完全な過失の為、かなりのショックだ。
修理を頼むと、かなり高額になる上、基盤が焼けていた場合、修理も不能となる。
だったら駄目で元々、この休みに自分で修理してみることにする。
ショートしていなければ水分と汚れを拭き取るだけで直るはずである。

出来れば、朗報を待ってもらいたい。



忍者AdMax広告




<目次>

チョコ牧場[FF10-2]

とりあえず目的の魔物をゲットしたので、少し進めるFF10-2

と思ったのだが、また面倒なことをしなければならない。
FF10-2ではチョコボを捕まえて育てて派遣してアイテムをゲットするというシステムがある。
これである条件を満たすと、なんか新しいダンジョンが見つかり、イベント達成率に影響するらしい。
ということで、また暫くチョコボに掛かりきりになって、ストーリーが進められなくなる。

こんな記事しか書けず、申し訳ない。



忍者AdMax広告




<目次>

悩む[FF10-2]

現在、どう進めるか悩んでいるFF10-2である。

DQ8の時もそうだったが、私はなるべく買ったゲームは遊びつくしたい。
取れるものは全て取って、限界まで成長させたいのだ。
まあそれでも、妥協するところは妥協する。

そんなわけで、今までなるべく効率良く進めてきたわけなのだが、ここで進め方をどうしようかと思っている。
簡単に言えば、先日少し話に出たクリーチャークリエイトである。
流石に全ての魔物を初回で全部集めようとは思わないが、捕まえれば後が楽になるという魔物はいる。
が、一度に仲間に出来る魔物は8匹までなのだ。
で、私は今、8匹フルに持っている。
新しい魔物は捕まえられない。
だったら不必要な魔物を捨てれば良いのだが、そうもいかない。
魔物には人生があり、その人生を全て見てからでないと、捨てるに捨てられないのだ。
人生は魔物のレベルが上がれば、どんどん閲覧できるようになる。

つまり、今ここで魔物達のレベルを上げるかどうかを悩んでいるのだ。
やってもいいが、それをすると確実にここの記事に書くことはなくなる。

なんでだろう、DQ8の時はそこそこ書けたのに……。



忍者AdMax広告




<目次>

ファイナルファンタジー?[FF10-2]

かなり久々にDQHをやったが、記事にならないので今回もFF10-2である。

が、こちらも内容があるわけではない。
最終決戦に向けて、各地のイベントを淡々とこなしているだけだ。
ミヘン街道で起こった機械暴走の原因を探ってみたり、雷平原で悪さしている魔物を倒したり。
その際にまたミニゲームに近いものがあったりして、時間を食っている。
これが楽しく、記事になれば良いのだが、そういうこともない。
と言うか、説明が難しく面倒なので記事にしにくい。

ファイナルファンタジーってこんなゲームだったかなぁ……。



忍者AdMax広告




<目次>

カウンター
プロフィール

Author:ダイソード
モッピーの道へようこそ!
ここでは、とある男のモッピーでの活動を日記形式で紹介しています。

ポイントサイト
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

げん玉
アフィリエイトサイト
忍者AdMax
ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
忍者AdMax
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR