まさかの展開[DQ11]

結構進んだドラゴンクエストXIのプレイ日記。

記憶を取り戻したカミュと共に、黄金の城を目指す主人公一行。
回り道が面倒な城の内部を抜け、玉座に座っていたのは、まあ予想の通りカミュの妹、マヤだった。

マヤウルノーガによって黄金から元に戻してもらい、それから恨み募るバイキング達を黄金に変え、手足のように使っていたようだ。
そうして、軍王の一人ギラゴルドになって、クレイモランに黄金病を流行らせていた。

そんな妹を止める為、カミュは涙をこらえて戦う。
結果、見事にギラゴルドを倒す。
一瞬、マヤもそのまま死んだかと思ったが、なんとか助かった。

さて、一行はクレイモランから雪原を抜け、聖地ラムダを目指す。
途中、魔竜ネドラによってピンチを迎えたが、駆けつけたセーニャによって危機を脱する。
セーニャを仲間に加え、ラムダに着くと、セーニャは早速姉の気配を察する。
しかし、そこでセーニャが見たものは、姉のベロニカの抜け殻だった。
彼女の杖に宿る記憶を主人公の力によって見てみると、あのウルノーガにボロ負けして、命の大樹が落ちたとき、ベロニカが持てる力の全てを使って、主人公達を助けてくれたのだ。
都合良く、メンバーが生き残ったわけではなく、ちゃんとそれなりの理由があったのだ。
その為、ベロニカの生命は枯れ果ててしまった。
妹が見守る中、ベロニカの身体は光の粒となって消えていった。

実際、ここまでやっても都合良くベロニカは復活するものだと思っていたが、ラムダで彼女の葬儀が執り行われ、彼女の能力を全てセーニャが引き継ぎ、セーニャは髪を切ってしまった。
ここまでくると、彼女の死を受け入れるしかない。

DQで仲間と死に別れるってのは初じゃないのか?



忍者AdMax広告





<目次>
スポンサーサイト

黄金病[DQ11]

あまり進んでいないドラゴンクエストXIのプレイ日記。

やっとのことで外海へ出ることになった勇者一行。
すると船倉で何やら物音が。
確認してみると、懐かしのカミュが食べ物を漁っていた。
しかし様子がおかしい。
凄く気弱に見える。
結構定番な記憶喪失である。

取り敢えず彼を仲間に入れるが、特技は全て忘れてしまっているので、役に立たない。
それでも取り敢えず雪国のクレイモランを目指す。
が、クレイモランに入る為の入り江に金の壁が出来ていて入れない。
ということで、マーメイドハープを使って海底から侵入しようとすると、海の軍王ジャコラが現れた。
以前、バリアみたいのを張っていて、まるで攻撃が通じなかったが、今回は主人公が勇者の力を取り戻していたので、バリアを吹き飛ばし撃破。
レッドオーブを取り返す。

そしてクレイモランに辿り着くと、王国全体が沈んでいた。
女王に事情を聞くと、どうやら黄金病という病が猛威を振るっているらしい。
なんでもある日突然、人も動物、全身が黄金になってしまうらしい。
現に主人公達の目の前で、一人の老婆がいきなり黄金像になってしまった。
しかもその後、魔物が乗り込んできて、黄金になった老婆とカミュを攫っていってしまった。

その攫っていった魔物の雰囲気が、クレイモランの近くを根城としているバイキングに似ているということで、そのアジトに乗り込む主人公達。
案の定、そこでカミュを見つける。
どうやらカミュは幼い頃、妹のマナと共にバイキングに拾われ、かなり辛い生活をしていたようだ。
ある日、カミュマナに何処かで見つけた首飾りをプレゼントした。
すると、その首飾りをつけたマナが触れたものは、全て黄金になった。
浮かれるマナだったが、その力が暴走し、マナ自身が黄金になってしまった。
自棄になるカミュだったが、そんな彼の元に預言者が現れ、勇者と共にオーブを探せと言ったらしい。
こうしてカミュは主人公の仲間となったわけだ。

と、都合良く記憶を取り戻すカミュ

記憶喪失のくだりは必要だったのだろうか。



忍者AdMax広告





<目次>

勇者の星と人食い火竜[DQ11]

少し進んだドラゴンクエストXIのプレイ日記。

シナリオ的にはクレイモランに向かうのだが、その前に行ってないところがあると思い、少し散策してみた。

まずは世界崩壊前にシルビアの船で華々しく航海に出たダーハルーネに行ってみる。
すると何故か空が赤い。
見上げると、勇者の星が落ちてきている。
まるでFF7メテオだ。

どうやら、馬のレースをしたサマディに落下しそうなので行ってみると、あの情けなかった王子ファーリスが頑張っていた。
何やら勇者の星の表面に文字が見えるということで、砂漠にある観測所のような所に行って確認すると言うのだ。
随分と成長したものだ。

で、皆で行ってみると、もう星は間近に迫っていた。
ロウが頑張って読み解いていたが、限界が迫る。
とその時、黒い影が飛んできて、星を真っ二つにしてしまった。
ファーリスは救世主が来たと大喜びだが、どう見てもあれは、魔王の剣を持ったウルノーガだった。
取り敢えずは危機が去り、一行はサマディーを後にする。

そのままの流れで、今度はホムラの里へ向かう。
ここはここで、里を治める巫女、ヤヤクが火の神を鎮める為に生贄を差し出そうとしていた。
が、生贄に選ばれた女性の子供達が、それを必死に阻止。
少し調べてみると、ヤヤクとその息子ハリマが倒したはずの人食い火竜がまだ生きていて、その事をヤヤクが隠していることが解った(やや事実と違うが)。

その事をヤヤクに糾弾すると、火竜が里に下りてきて暴れ始めた。
ヤヤクが自分が火竜に食われることによって、場を収める。
その後、ヤヤクの手記を見つけ、事の次第を知る。

どうやらヤヤクハリマは本当に火竜を倒したのだが、ハリマは火竜の呪いのようなものを受け、自身が徐々に火竜と化していった。
ヤヤクは仕方なくハリマを隠し、息子の為に生贄を差し出そうとしていたのだ。

ドラクエらしい、鬱になる話だが、泣く泣く人食い火竜を倒す主人公。
食われたヤヤクハリマも、天に召された。

しかし、どうやらこの二つのイベントはやらなくても良かったのかもしれない。



忍者AdMax広告





<目次>

ボロ勝ち[DQ11]

久々にプレイできたドラゴンクエストXIのプレイ日記。

ロウの言葉に従い、以前に仮面武闘大会が解されたグロッタの町へ向かう。
すると町は既に魔物に占拠されていた。
武闘場はカジノに改造され、魔物達がギャンブルに興じている。

で、どうやらカジノの景品を取得して、道を塞ぐ魔物にその景品を渡さないと先に進めなそうなので、ちょっとスロットをやってみる。
と、もう大当たりが出まくる。
1000枚ちょっとだったコインが、あっという間に200万を超えた。

そのコインで景品をゲットし、先に進むと、バニースーツのマルティナが現れた。
どうやら何かに操られているっぽい。
で、その呪われしマルティナとの戦闘。
やや強かったが撃破。

すると間髪置かず、グロッタの町を支配する軍王のブギーが襲ってきた。
マルティナ戦でMPを使い果たしていたので、なんと負けてしまう。
初の全滅だ。

仕方なくマルティナ戦からやりなおす。
AIに任せず、自分で命令を出してMPを温存し、再度ブギーと対決。
今度はアッサリ倒せた。

こうしてグロッタの町を元に戻し、更にマルティナを仲間に入れた。

しかし、ボロ儲けしたコインは消えてしまった……。



忍者AdMax広告





<目次>

絶望[DQ11]

また進まなかったドラゴンクエストXIプレイ日記。

飛ばされた16年前の世界で主人公は姿が見えない。
どうやら彼の誕生を祝す宴の最中らしい。
そして四カ国会議も開かれていた。

そんな最中、魔物が来襲。
この辺はオープニングでも語られていたところだ。
アーウィンは妻子とマルティナを守りながら城からの脱出を図るが、あと一歩のところで魔物に追いつかれてしまう。
彼は妻子とマルティナだけを逃がして、魔物の足止めをする。

なんとか魔物を撃破したが、その後ウルノーガに身体を乗っ取られたデルカダール王に刺されてしまう。

と、アーウィンはこんな夢をバクーモスという魔物に繰り返し見せられて、その時にあふれ出す絶望を食われていた。
バクーモスは主人公も同じように絶望に染めようとしたが、恐らく母親の声に導かれ、希望の光を発する。

そしてバクーモスとの戦闘。
かなり強かった。
ハッキリ言って危なかった。
それでも何とか倒し、アーウィンはやっと呪縛から解放され、天へと上っていった。

プレイ時間は短かったが、内容は濃かったな。



忍者AdMax広告





<目次>
カウンター
プロフィール

ダイソード

Author:ダイソード
モッピーの道へようこそ!
ここでは、とある男のモッピーでの活動を日記形式で紹介していましたが、現在はゲームのプレイ日記がメインになっています。

ポイントサイト
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

げん玉
アフィリエイトサイト
忍者AdMax
ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
忍者AdMax
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR