FC2ブログ

やめる[学校であった怖い話]

今回の学校であった怖い話のプレイ日記。

翌日、部長の日野に報告をする坂上
すると日野は「荒井なんて奴は知らない」と言い出した。
調べてみると、日野が声を掛けたのは清瀬という男子生徒で荒井という生徒は学校に存在していなかった。

で、荒井は校長の息子で十数年前に死んでおり、校長は息子を蘇らせる為に人形を作り生贄を捧げ続けてきた。
最後の生贄に坂上が選ばれたが、本人の奮闘もありなんとか危機を脱して話は終わる。

と、数日プレイした学校であった怖い話だが、どうにも楽しめない。
結構有名で評判が良かったらしいのだが、私には合わなかったようだ。
なにせ怖くないのだ。
と言うことで、ここでこのゲームは終える。

次はまたFEかなぁ。



忍者AdMax広告




<目次>


スポンサーサイト



三週目[学校であった怖い話]

今回の学校であった怖い話のプレイ日記。

どうにも怖くなれない学怖
次のオチはマッドサイエンティストの話だ。

六人目が話を終えると現れた新聞部部長の日野
彼が七人目となり話を始める。
何でも彼等の学校にはそれほどの年齢でもないのに髪が真っ白な理科の教員がいるらしい。
で、その教員は優秀なんだが理科準備室を封印し誰も入れないようにしていた。
日野はそんな理科準備室に興味を持ち、半年前から計画を進め、仲間と共に準備室に侵入した。
中は真っ暗で何とも言えない匂いが漂っていた。
で、彼等は何かに触れた。
とても触り心地が良くて暖かいと言う。

で、日野はここにいる皆で、もう一度準備室に忍びこもうと言い出した。
準備室に行くと気を失う面々。
日野は既に理科教員に見つかり、人体改造された後だった。
そして実験体を集める為、今回の企画を立てたというのがオチ。

やっぱり怖くない……。



忍者AdMax広告




<目次>

二週目[学校であった怖い話]

今回の学校であった怖い話のプレイ日記。

どうやらこのゲームは話を聞く順番で内容が変わるようだ。
なので、かなりの数の話があると予測される。
それを全部書くのは大変なので、オチだけ書いておく。

六人の話を聞いたら、部長の日野が様子を見に来た。
そこで坂上は今までの経緯を伝えると、日野は「人を集めるのは明日だ」と言い出す。
振り返ると誰もいない。
集まった六人は坂上の守護霊だったというオチ。

怖くない……。



忍者AdMax広告




<目次>


赤ん坊とこっくりさんと[学校であった怖い話]

今回の学校であった怖い話のプレイ日記。

次に荒井という二年生に話を聞く。
彼が語るのは、女性の教育実習生が宿直時に遭った恐怖体験だ。
まあ、普通は女性一人で宿直になるはずはないのだが、そこは上手く理由づけされていた。
で、旧校舎の見回りをしていたら、いるはずのない赤ん坊の泣き声がして、気付いたらその赤ん坊が自分の肩に乗っていたという話だ。
これもあまり怖くなかった。

その次は風間という三年生だ。
簡単に言うと、彼はこっくりさんマスターだった。
風間は主人公の坂上に対してしつこくこっくりさんをやろうと詰め寄ってきた。
そしてしきりに五百円硬貨を出せを迫る。
どうも胡散臭かったので拒否し続けたら話は終わってしまった。

更に次は細田という二年生。
彼は学校では定番のトイレにまつわる怪談を語ってきた。
で、実際学校中のトイレを回ることになった。
で、あるトイレの個室で何故か新堂と二人になり、その新堂がゴキブリか何かの化け物になった。
坂上は一瞬の隙を見て、新堂にタックルを仕掛け何とか正気に戻し、皆で部室に戻った。
全く意味の解らない話で、気弱だった坂上のキャラが崩壊している。

次は岩下という三年生。
彼女はいきなり坂上の恋人になりたいとか言ってくる。
そして、親が厳しくて普段は電話でしかやりとりが出来ないカップルの話をしだした。
途中経過はどうでも良いので、最後はそのカップルの女の子が公衆電話に飲み込まれたという感じで話は終わる。

六人目は福沢という一年生。
彼女も恋愛絡みの話だ。
よく覚えていないのだが、妄想癖が強く虚言癖がある女生徒の話だった。
意中の男性に振られた彼女は自殺してしまったという感じで話は終わる。

結局七人目は現れず、代わりに黒木という教員が現れて、もう遅いから早く帰れと学校を追い出されてしまった。
その黒木は殺人狂で、来るはずだった七人目を殺していたというオチで一周目は終わる。

う~ん、やっぱりあまり面白くないかなぁ。



忍者AdMax広告




<目次>


怪談[学校であった怖い話]

今回からはちょっと雰囲気を変えてSFC版学校であった怖い話のプレイ日記をお届けする。

まず最初に、何処かの高校の旧校舎が取り壊されることになって、そこの新聞部が旧校舎にまつわる「七不思議」を記事にする企画を立てた。
その担当になった一年生坂上は、部長が集めた七人に話を聞くことになる。
ある日の放課後、部室に集められた面々だが、いつまで経っても七人目が来ない。
仕方なく話を聞き始めた坂上
と言った感じで、ホラーとしてはオーソドックスに始まる。

誰から話を聞くかは自由に選べるので、まずはリストの一番上にあった新堂という三年生から始める。

彼が語るのは、旧校舎の三階にある姿見だ。
ある日クラスで目立たない男子生徒から、旧校舎の姿見は霊界へ通じているので一緒に見に行こうみたいな感じで誘われる。
そして二人は三時三十三分三十三秒に旧校舎に行き、男子生徒は手鏡を姿見に映した。
するとその男子生徒の顔は紫色になって映っていた。
男子生徒が語るには、紫色に移った人物は近いうちに死んでしまうとのこと。
新堂は怖くなって逃げ出してしまった。
翌日、その男子生徒は死んでいた。

とまあ、こんな感じだ。

あまり怖くないが、一応続けてみよう。



忍者AdMax広告




<目次>


カウンター
プロフィール

ダイソード

Author:ダイソード
モッピーの道へようこそ!
ここでは、とある男のモッピーでの活動を日記形式で紹介していましたが、現在はゲームのプレイ日記がメインになっています。

ポイントサイト
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

げん玉
アフィリエイトサイト
忍者AdMax
ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
忍者AdMax
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR