FC2ブログ

定番[FM3]

今日のフロントミッション3のプレイ日記。

ドラマでは、列車が橋の上を走るとき、その橋は爆破されるってのは定番である。
このフロントミッションでも、お約束通り橋は爆破され、戦闘となる。
まあ、敵はなんとか撃破出来たのだが、その際呉龍というロシアの傭兵集団が手助けしてくれた。
更に足として、輸送用のヘリも貸してくれるという太っ腹。
最も、彼等は報酬さえもらえれば何でもやる連中らしい。

と言うことで、やっと大漢中の移動要塞哮天雷関まで辿り着いた。
ここでリュウリアルナンバーと呼ばれた。
またイマジナリーナンバーと呼ばれている連中もいる。
どうやらリュウにも秘密があるようだ。

ドラマでは谷間を移動中、崖が爆破され岩が降ってくるってのは定番である。
このフロントミッションでも、お約束通り崖は爆破され、戦闘となる。

ストーリーはベタでも面白ければ良い。



忍者AdMax広告




<目次>

スポンサーサイト



無残[FM3]

今日のフロントミッション3のプレイ日記。

なんとか大漢中の何処かの基地に辿り着いた和輝達。
そこに快速反応部隊ランも合流してきた。
早速突っかかる和輝
それをたしなめるリュウ
そんな時、華蓮団のアジトを突き止めたという報告が入った。
快速反応部隊よりも先にアジトを潰そうと突っ込む和輝達。

華蓮団のアジトはごく平凡な村で、和輝達は華蓮団だけを標的に攻撃を仕掛けた。
が、あと一歩というところで快速反応部隊が到着。
彼等は容赦なく村を焼き払った。

憤慨して基地に戻った和輝達はジャーナリストのウェイに出会う。
彼は大漢中の秘密(遺伝子を操作して従順で強い兵士を生み出す研究)を握っていて、その為大漢中に追われていた。
彼を逃がした和輝
そしてまた彼等は装甲列車に乗って移動することになる。

まあ、それなりに解り易いストーリーではある。



忍者AdMax広告




<目次>

とばっちり[FM3]

今日のフロントミッション3のプレイ日記。

海底トンネル入り口で待ち構えていたU.S.Nの部隊を掃討し、装甲列車でトンネル内を突き進む和輝達。
当然だが、トンネル内でもU.S.Nの部隊は待ち構えていた。
もっと狭いところで挟撃すればいいのにって思う程、広い場所で攻撃を仕掛けてきたU.S.N
お陰で地の不利もなく、迎撃出来た。

で、無事に大漢中へ辿り着いた和輝達。
どういった理由だが良く解らないが、リュウ上海に行きたいらしい。
が、現在大漢中では華蓮団が幅を利かせていて、思うように移動出来ない。
そこでなんか凄いらしい陸上移動兵器(漢字が難しくて読めない)を使うことになった。

それを取りに行く途中、大漢中快速反応部隊U.S.Nの列車を攻撃しているところに出くわす。
当の部隊はさっさと引き上げ、間が悪くそこにU.S.Nの増援がやってきた。
で、モタモタしていた和輝達を襲ってくる。

和輝がいなければ、もっと話がスムーズに進むと思う。



忍者AdMax広告




<目次>

海底トンネル[FM3]

今日のフロントミッション3のプレイ日記。

ハンには頼らず自力で大漢中へ逃げることを決意したリュウ
しかし、マネーメイカーとかいうハッカーのせいで、管制系が全て駄目になり、空路も海路も使えなくなった。
リュウは管制に頼らず、自分達で輸送機をコントロールしようとするが、今度はU.S.Nの部隊に輸送機を破壊された。
そんな部隊は放っておけばいいのに、ぶっ潰す和輝
本当に短絡的な男だ。

こうなると陸路しかなくなるのだが、台湾と本土の間には海がある。
この海を越える為の海底トンネルがあるのだが、当然U.S.Nもここで和輝達を討とうと待ち構えていた。
まずはトンネルの入り口で戦闘となる。

内容は面白いが、いくらヴァンツァーを破壊されても復帰出来るので緊張感がない。



忍者AdMax広告




<目次>

フォーラム[FM3]

今日のフロントミッション3のプレイ日記。

ゲリラのくせに正規軍より強力なヴァンツァーを駆る華蓮団を退け、台湾へ向かった和輝達。
ここにはリュウの顔馴染みの司令官ハンがいた。
典型的な嫌味な奴だが、状況が状況なのでリュウは頭を下げて協力をお願いする。
が、やっぱり当てにならないので、リュウUSNの大使を頼る。
で、大漢中に逃げることになった。

とここで、今まで無視してきたフォーラムを覗いてみる。
まあ、ようはフロントミッション内のネットだ。
色んなサイトがあって、攻略に必要かどうか解らない情報を収集出来る。
今から20年近く前に作られたゲームだけあって、現在のネット事情よりもややお粗末な感じがする。

やっぱり大した情報は得られなかったので、戦闘に戻ることにする。



忍者AdMax広告




<目次>

台湾へ[FM3]

今日のフロントミッション3のプレイ日記。

さて、そうそう簡単に脱出はさせてくれない政府軍
セロフというイカれた開発者が街を破壊しながら和輝達を炙り出そうとしていた。
ここで静かに逃げるのが普通なのだが、正義感溢れる和輝は街を守ろうと飛び出す。
セロフヴァンツァーは確かに攻撃力が高いが、そこまで耐久力は高くないので、普通に倒せた。
その後、ファムが用意した輸送機に乗ってフィリピンを脱出する。
その際、ファムの執事のピトエフが殿となり、敵を食い止めた。
なかなか熱い展開である。

輸送機が大漢中に近付くと、いきなりミサイルを撃たれた。
なんとか輸送機からは脱出したが、ゲリラに囲まれている。
どうやらM.I.D.A.Sの製造方法を知っているアリサが狙われているようだ。

一時も気が休まらない。



忍者AdMax広告




<目次>

M.I.D.A.Sの悪夢[FM3]

今日のフロントミッション3のプレイ日記。

一人で頑張ろうとするアリサ
丁度M.I.D.A.Sを運び出そうとしているところに出くわす。
が、政府軍も馬鹿じゃないので、当然護衛のヴァンツァーが出てくる。
で、ピンチになるアリサ
ここでU.S.Nエミールが現れ、アリサを助けてくれた。
この隙にM.I.D.A.Sは持ち去られてしまった。
そしてエミールは意味深なセリフと共に去っていく。

始めて作戦に失敗した和輝達は傷心で反政府組織と合流しようとする。
が、やけくそになった政府軍反政府組織の本体に向けてM.I.D.A.Sを使用。
これにより、反政府組織、及び応援に来ていた大漢中の部隊はほぼ壊滅してしまった。
半分が吹っ飛んだ街で佇む和輝達。
そこに唐突にエミールが現れた。
説明したか覚えてないが、アリサは養子で和輝と血の繋がりはない。
で、エミールアリサの本当の姉であった。
そのエミールM.I.D.A.Sを作ったらしい。
そんな姉をアリサは拒絶。
そして和輝達はフィリピンを脱出して大漢中に向かうことになった。

そろそろ中盤かな?



忍者AdMax広告




<目次>

シミュレーター[FM3]

今日のフロントミッション3のプレイ日記。

どうにも戦闘がきつくなってきたので、少し鍛えてみようとシミュレーターをやってみる。
説明の必要はないと思うが、ネットワーク内のバーチャル空間で疑似戦闘を行うものだ。

とまあ、ここで鍛えても武器の命中率が上がる程度で、あまり実戦に役立つとは思えない。
やはり機体そのものをもっと良いものにしないとダメな気がする。

と言うわけで、まずは目の前のU.S.Nの部隊を退ける。
やっぱり苦戦した。
まあ、ファイアーエムブレムと違って、やられても次のミッションで復活するから良いのだが。

そして他のU.S.Nの部隊を囮にして、ヘリポートからの侵入を試みる和輝達。
が、侵入の最中に攻撃を喰らい、アリサだけが基地内に入ることになってしまった。
もうこなると和輝の暴走は止まらない。
ファム以外はこのことを解っていて、諦めムード。
和輝のやりたいようにやらせてしまっている。

コイツが主役じゃなきゃもっと面白いかもしれない。



忍者AdMax広告




<目次>

再びU.S.N[FM3]

今日のフロントミッション3のプレイ日記。

内部からの攻撃で政府軍の海の要塞はあっさりと機能を停止した。
これを受けて、反政府軍政府軍の拠点を攻める。
この隙に、和輝達は別ルートでM.I.D.A.Sのある基地を攻める。

が、その基地は既に誰かに攻撃されていた。
それでも残存兵が和輝達を攻めてくる。
ここにきて、敵が強くなってきた。
こっちのヴァンツァーを何体か犠牲にしないと勝てない。
少しシミュレーターで修行しないと駄目かもしれない。

敵を蹴散らし、先に進むとU.S.Nの部隊がいた。
まあ、予想通りだが、奴等は一体何処から侵入したのだろうか?
和輝達と同じく、潜水艦で海から上陸したのだろうか?

それにしても、もう少しヴァンツァーのパーツや武器を色々弄れると面白いと思う。



忍者AdMax広告




<目次>

魚雷[FM3]

今日のフロントミッション3のプレイ日記。

要塞を攻めている反政府組織の旗色が悪いらしく、結局和輝達が応援に向かう。
ジャングルを抜け、敵の防衛網を突破し、用水路から要塞内潜入。
が、敵も馬鹿ではないらしく、素早く迎撃してきた。
と言うことで、要塞内で戦闘。
やや強かったがなんとか撃破する。

が、この要塞をおとしても、まだ海上の要塞があるらしい。
大きなタンカーのような船で、コイツには迂闊に近寄れない。
と言うことで、また和輝達が魚雷に乗って一気に突っ込んだ。
そして内部からこの要塞を制圧しようという作戦だ。
ちなみにこの作戦からファムが仲間になる。
ファムはお嬢様らしく我儘で、リュウの言うことを聞かずに単独で突っ込んでしまう。
流石にこれにはリュウもキレた。

そんなこんなで、苦戦はするが要塞の制圧は進む。

ちょっと和輝達が強過ぎないか?



忍者AdMax広告




<目次>

カウンター
プロフィール

ダイソード

Author:ダイソード
モッピーの道へようこそ!
ここでは、とある男のモッピーでの活動を日記形式で紹介していましたが、現在はゲームのプレイ日記がメインになっています。

ポイントサイト
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

げん玉
アフィリエイトサイト
忍者AdMax
ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
忍者AdMax
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR