リーディング・シュタイナー[STEINS;GATE]

言葉の羅列になるSTEINS;GATE 0のプレイ日記。

予想通り、クリスマスパーティーは無事に済まず、倫太郎は途中で激しい目眩に襲われる。
そんな倫太郎の傍らで、まゆりの友人のカエデも倒れた。

で、意識が戻ると、倫太郎は迷彩服を纏い、自衛官に守られながら焦土と化した東京を歩いていた。

これがリーディング・シュタイナーと呼ばれる現象だ。
(ちなみにこの名称を付けたのは倫太郎。言葉の意味は特にない)

この物語では誰かが歴史の改変を行うと、パラレルワールドは発生せず、歴史改変を行った直後に別の世界へ飛ばされる。
通常、改変は知覚出来ず、その世界での記憶しかないのだが、倫太郎はそれが出来、記憶も保持される(別の世界での記憶はない)。

飛ばされた世界ではソ連が崩壊しておらず、タイムマシンが原因で戦争が勃発していた。
この事から倫太郎はロシアがタイムマシンを開発し、歴史を改変したのだと予想する。
そして何故だか知らないが、倫太郎は重要人物として保護され、1ヶ月掛け沖縄へと移送された。
そこでやっとダル鈴羽を除く仲間達と出会う。
下山という自衛官の計らいで、倫太郎、及びカエデは別世界の記憶を持っていることを彼に知られ、倫太郎だけがアメリカに引き渡されそうになったところで、再びリーディング・シュタイナーが発動した。
倫太郎は元の世界に戻り、クリスマスパーティーの最中に倒れたカエデが入院中だということ知り、彼女を訪ねる。
そしてカエデリーディング・シュタイナーを持っていると確信した。
どうやら同じような人間は他にも居て、世間では原因不明の脳炎ということで入院させられているらしい。

その後、倫太郎鈴羽に呼び出され、銃を吐き付けられる。
「過去へ飛んで、紅莉栖を救え」と。

バッドエンドに向かっているような気がしてならない。


忍者AdMax広告





<目次>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは(^^)

結構複雑な話になってきてますね(^^;)

上手に紅莉栖を助けることができるか・・・

ダイソードさんの腕にかかってますよ☆

くれぐれもバッドエンドにはしないように頑張ってください(^^)
カウンター
プロフィール

ダイソード

Author:ダイソード
モッピーの道へようこそ!
ここでは、とある男のモッピーでの活動を日記形式で紹介していましたが、現在はゲームのプレイ日記がメインになっています。

ポイントサイト
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

げん玉
アフィリエイトサイト
忍者AdMax
ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
忍者AdMax
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR